AMP-SG-MHシリーズひずみゲージアンプ

特徴

  • 正確なシングルチャンネルミニチュアアンプ
  • 高レベルの電圧信号出力を提供します
  • 外部調整可能なシャント抵抗とゲイン
  • リモートブリッジ励起オン/オフ機能
  • リモートシャントキャリブレーション機能
  • 利用可能な外部取り付けブラケット

製品説明

ミシガンサイエンティフィック AMP-SG-MHひずみゲージアンプ 信号調整が必要でスペースが限られているアプリケーションに最適です。 これらは、信号をスリップリングに通す前に信号を増幅するように設計されています。 スリップリングの回転側に信号増幅器を配置することにより、優れたデータ精度が実現されます。 この構成では、アンプがセンサーの近くに配置されているため、信号品質が大幅に向上します。これにより、長いリード線、コネクタの抵抗変動、および電磁干渉によるエラーが減少します。

これらのひずみゲージアンプには、高精度の低ドリフトブリッジ励起電源、安定した差動アンプ、およびシステムスパン検証用のリモートでアクティブ化されるシャントキャリブレーション抵抗が組み込まれています。 各アンプは、XNUMXつのチャネルにひずみゲージブリッジの励起と増幅を提供します。 複数のチャネル構成が利用可能です。

アンプを平面に取り付けるための外部取り付けブラケットと直径XNUMXインチ以上のシャフトが利用可能です。 

取り付け

AMP-SG-MH用に特別に設計された取り付けブラケットが利用可能です。 これらの取り付けブラケットは、直径XNUMXインチ以上の平らな面やシャフトにアンプを取り付けるのに最適です。 ボルトやネジ、ホースクランプ、または幅の広いケーブルタイを使用して簡単かつ確実に取り付けることができ、クリーンで迅速な取り付けソリューションを実現します。 取り付けブラケットを使用すると、面倒な接着剤が不要になり、アンプをXNUMX方向すべてに閉じ込めます。

資料

最終更新日: 16年2020月2日午後52時XNUMX分