FO-HBAVT&HBAVR光ファイバーシステムアナログ/ビデオリンク

特徴

  • 被試験機器(EUT)との間のDC〜8MHzの帯域幅のアナログ信号またはビデオNTSC / PAL信号の監視/注入
  • RFI / EMIは、200 kHz〜46GHzおよび500V / m(パルス18%デューティサイクルおよび600μs立ち上がり時間)5 GHz〜5GHzで1V / m(2.5 dB V / m)でEMCに対して検証済み
  • 11本のアルカリ「AA」電池で3時間以上動作する低電力回路
  • ±1VDCのフルスケール入出力範囲
  • 75Ω、100Ω、2kΩ終端用に選択可能な入力
  • 出力終端は75Ωです–ご要望に応じて平衡および不平衡を利用できます

製品説明

FO-HBAVT(送信機)とFO-HBAVR(受信機)は、低レベルのアナログまたはNTSC / PALビデオ信号ペアを形成します。 FO-HBAVTまたはFO-HBAVRのいずれかを接続することにより、±1 Vのフルスケール電圧信号が監視されるか、テスト対象デバイス(DUT)に供給されます。 光ファイバケーブルを対応するモジュールに接続して、目的の信号をリモートで監視または供給します。 各モジュールは、3-AA電池または外部電源アダプターから電力を供給できます。 両方のモジュールには、シールドとカスタム入力/出力フィルタリングがあり、電磁干渉(EMI)、電磁パルス(EMP)、またはプラズマ研究に関連する高電圧に対する高い耐性を提供します。 これにより、厳密な電磁両立性(EMC)テスト/エンジニアリングが可能になります。 衛星モジュールは、200 kHz〜46GHzおよび500V / m(パルス18%デューティサイクル、600μs立ち上がり時間)5 GHz〜5GHzで最大1V / m(2.5 dBV / m)のEMCに対して検証されています。

資料

最終更新日: 22年2017月8日午前55時XNUMX分