FO-ST&FO-SR-04光ファイバーシステム20kHzアナログTX

特徴

  • DC〜20kHzの帯域幅でXNUMXつのアナログ信号を監視します
  • RFI / EMIは、200 kHz〜46GHzおよび500V / m(パルス18%デューティサイクルおよび600µs立ち上がり時間)5GHz〜5GHzで1V / m(2.5 dBV / m)でEMCに対して検証済み
  • 100本のアルカリ「AA」電池で3時間以上動作する低電力回路
  • ±16、±32、および±48 VDCのユーザー選択可能なフルスケール入力範囲またはオプション–ユーザー定義
  • 2または4チャンネルベンチトップおよび6〜12チャンネル3RU19インチユーロラックベンチトップまたはラックマウントレシーバーと互換性があります

製品説明

FO-STは、高電磁界または無響室のソースからの電気信号を測定し、光ファイバーケーブルを介して低電界エリアに離れた場所にあるFO-SR受信機に送信できる多用途の2チャンネル光ファイバーアナログ信号送信機です。 FO-STは、DC〜20kHzの帯域幅のアナログ信号を送信できます。

選択可能なゲインジャンパーにより、±16 V、±32 V、または±48 Vのフルスケール入力レベルに変換器モジュールを構成できます。入力ゲインは、±160 mV〜±100Vフルスケールのオプションのフルスケール入力レベルに構成することもできます。規模。

FO-STには、シールドとカスタム入力フィルタリングがあり、電磁干渉(EMI)、電磁パルス(EMP)、またはプラズマ研究に関連する高電圧からの高い耐性を提供します。 これにより、厳密な電磁両立性(EMC)テスト/エンジニアリングが可能になります。 FO-STは、200 kHz〜46GHzおよび500V / m(パルス18%デューティサイクル、600μs立ち上がり時間)5 GHz〜5GHzで最大1V / m(2.5 dBV / m)のEMCに対して検証されています。

資料

最終更新日: 18年2017月1日午後28時XNUMX分