SR10A_ / T ___ / AXスリップリングアセンブリ

SR10A_ / T ___ / AXスリップリングアセンブリには、10個のスリップリング回路と耐候性ハウジング内のエンコーダがあります。 タイプA(直径2.500インチ)のローター。 BendixPTステーターおよびローターコネクター。 内蔵エンコーダ(タコメータ)電子機器。

特徴

  • 10つのスリップリング接続
  • 統合エンコーダーセンサー
  • タコメータ回路
  • 耐候性シールの有無にかかわらず利用可能
  • タイプA(直径2.500インチ)ローター
  • 固定子と回転子の円形コネクタ
  • 計装品質のリングとブラシ
  • 密閉された耐食性の金属ハウジング
  • 軽量・コンパクト

製品説明

世界 SR / ERTシリーズ スリップリングおよび/または回転センサーを回転シャフトの端に取り付ける必要がある場合に使用されます。 金合金のスリップリングは、回転機械に取り付けられているひずみゲージ、熱電対、またはその他のセンサーに高品質の電気接続を行うために使用されます。 電流容量は接続あたり0.5Aで、最大ピーク抵抗変動は0.1オームです。 回転センサーは、回転速度、角位置、回転方向を測定するために使用されます。 回転センサーは、スリップリング接続を使用しません。

ハウジングの長さは約15インチです。 それらは約XNUMXオンスの重さです。 ローターは高強度ステンレス鋼で作られています。 固定子は軽量のニッケルメッキアルミニウムです。 回転拘束を取り付けるためのネジ穴があります。 接続情報は、ハウジングに恒久的に刻印されています。 配線終端として、円形コネクタまたははんだ端子が用意されています。 

このシリーズのすべてのハウジングは、接触するロータリーシールを受け入れるように設計されています。 これらのシール(選択肢W)で注文されたユニットは、完全に耐候性があり、完全な水没の日を乗り切ることができます。 シールは、動作を最大2000rpmに制限します。 自動車のホイールなど、ほとんどの雨天時の用途はこの範囲内です。 乾燥状態での高速化には、ロータリーシールに接触しないユニットを注文してください。 シールのないユニットは、次の速度が可能です。

  • 10リング– 10,000 rpm

シール付きの単位トルクは21インチオンスです。 シールなしの単位トルクは512インチオンスです。 アプリケーションで高速で耐候性のあるスリップリングとエンコーダが必要な場合は、SR / EXNUMXシリーズの非接触ラビリンスシールを備えたユニットを検討してください。

資料

オプション

エンコーダー(E)

回転センサーの選択肢E256、E360、E500、およびE512:4つの光学式エンコーダー解像度が提供されています。以下の表を参照してください。 これらのエンコーダーの選択肢にはそれぞれ、以下にグラフで示す90つの出力があります。 出力AとBは直交します(正確に0°位相がずれています)。 出力Iはインデックスパルスです。 出力A + Bは、AとBの排他的論理和であり、エンコーダの基本分解能を5倍にします。 6〜16ボルトのパルスの出力は、TTL負荷を駆動できます。 エンコーダは、+ 400〜 + 40 Vdc、212mA電源で動作します。 温度範囲は-20Fから+ 0.25Fです。 エンコーダーは金属製のコードホイールと頑丈な電子機器を備えているため、衝撃や振動に耐えることができます。 また、最大XNUMXボルトの誤った配線から保護されています。 エンコーダシステムの精度はXNUMX°(最大累積誤差)です。

タコメーター(T)

回転センサーの選択肢T256、T360、T500、T512:追加のエンコーダー電子機器をエンコーダーユニットに組み込むことができます。 電子機器は、シャフト速度に比例する電圧(タコメーターと同様)とシャフトの角度位置に比例する電圧の8つのアナログ出力を追加します。 アナログ出力は、高いサンプリングレートを必要とするデジタルエンコーダ出力よりも記録が簡単です。 両方のアナログ出力はエンコーダ出力Aの各パルスで更新されるため、平均値ではなく瞬時に出力されます。 エンコーダの電子機器は、+ 18〜200 Vdc、XNUMXmAの電源で動作します。
温度範囲は-40Fから+ 185Fです。

角度位置出力のフルスケールは、どちらの方向にも回転する場合は+ 10Vです。

速度出力のフルスケールは、一方向の回転で+ 10V、反対方向の回転で-10Vです。 通常、1つの速度感度と回転方向が各ユニットにプログラムされます。 固定子コネクタの4つのピンはオプションピンとして指定されており、ユーザーは10つの組み合わせから1000つを選択できます。 たとえば、当社のトルクホイールで使用されるユニットは、通常、オプションピン#1を開いた状態で1rpmで1800Vを出力するようにプログラムされています。 オプションピン#2が接地されている場合、フルスケールは2rpmです。 オプションピン#XNUMXは、シャフトの端を見て、極性または回転方向を設定します。 ピン#XNUMXを開いた状態で、CW
回転すると、正の速度出力が得られます。 ピン#2が接地されると、CCW回転により正の速度出力が得られます。

最終更新日: 7年2017月11日午前31時XNUMX分