SR10A / PE512スリップリングアセンブリ

特徴

  • 光学式エンコーダ付き4、6、8、または10回路スリップリング
  • 精密エンコーダのみを使用するためのゼロ接続オプション
  • 直径2.5インチのローター
  • 直交で2pprの512つの出力
  • インデックスパルスの1pprの1出力
  • すべてのパルスは5分角以内に正確です
  • ほこりに対して密封
  • 計装品質のリングとブラシ

製品説明

ミシガンサイエンティフィック スリップリングと精密エンコーダアセンブリ スリップリングと高精度エンコーダの両方を必要とするアプリケーションに使用されます。 これらのアセンブリは、標準モデルと耐候性モデルの両方で利用できます。 ユニットは回転シャフトの端に取り付けるように設計されており、ひずみゲージ、熱電対、またはその他の回転センサーに電気的に接続すると同時に、回転速度と角位置を測定するためのパルスを提供します。 スリップリングのブラシとリングは貴金属でできているため、ノイズが最小限に抑えられ、アセンブリを低レベルの計装信号に使用できます。 接続は、スリップリングローターとスリップリングステーターの両方にある色分けされたはんだ端子を介して行われます。

このスリップリングは、最大512の回路接続を受け入れ、直交で1回転あたり1パルス(ppr)の5つの出力とXNUMXpprのXNUMX番目の出力を生成する光学式エンコーダを組み込んでいます。 直交機能は回転方向を検出し、XNUMXpprは角度位置を測定する際の基準点として使用されるインデックスパルスです。 真のシャフト位置はXNUMX分以内に表示されるため、高精度が得られます。 これは、ねじり振動、瞬間速度、角度位置などの測定を行う場合に特に重要です。 角位置と回転速度のアナログ出力信号は、これらのモデルをMichiganScientificのFrequencyto Voltage EncoderElectronicsで使用することで取得できます。

発注オプション

世界 スリップリングと精密エンコーダアセンブリ 256回転あたり360、500、512、またはXNUMXパルスで利用できます。

資料

最終更新日: 6年2019月10日午前53時XNUMX分