SR_M / E60スリップリングアセンブリ

特徴

  • 0、4、6、8、または10回路のスリップリング
  • 60パルスエンコーダ
  • スリップリングブラシリフター
  • ほこりに対して密封
  • 色分けされた端末
  • 軽量・コンパクト
  • 計装品質のリングとブラシ
  • 耐候性ユニットが利用可能

製品説明

ミシガンサイエンティフィック SR_M / E60スリップリングとエンコーダアセンブリ スリップリングとエンコーダの両方を必要とするアプリケーションに使用されます。 回転シャフトの端に取り付け、ひずみゲージ、熱電対、またはその他の回転センサーに電気的に接続すると同時に、回転速度を測定するためのパルスを提供するように設計されています。 スリップリングのブラシとリングは貴金属でできているため、抵抗の変動を最小限に抑え、アセンブリを低レベルの計装信号に使用できます。

世界 SR_M / E60 最大60の回路接続を受け入れ、回転速度の測定を可能にするパルスエンコーダを組み込んでいます。 エンコーダは、毎分0〜6000回転(RPM)の範囲でXNUMXパルス/回転(PPR)の方形波信号を生成します。 XNUMX秒あたりのパルス数はRPMに相当するため、ローター速度はスケール変換なしで周波数表示から直接記録できます。 回転速度のアナログ出力信号は、 SR_M / E60 MichiganScientificの周波数から電圧へのエンコーダ電子機器を使用します。 このモデルは、スリップリングアセンブリの寿命を延ばすために、便利な手動操作のブラシリフターを使用して設計されています。 スリップリングを介して電気的に接続する必要がない場合は、ブラシを持ち上げてリングから外すことができます。 スリップリングは回転し続けますが、ブラシがリングに接触しないため、摩耗が減少します。

スリップリングローターへの接続は、スリップリングローターとスリップリングステーターの両方にある色分けされたはんだ端子を介して行われます。 恒久的に潤滑されたベアリングは、定期的な清掃やメンテナンスの必要性を排除します。

動画

資料

関連製品

最終更新日: 31年2020月8日午前18時XNUMX分