ホイールパルストランスデューサ出力のアナログ電圧への変換

私たちの新しいを補完するために 高解像度ホイールパルストランスデューサー(WPT) エンコーダ製品であるMichiganScientific Corporationは、エンコーダパルスを比例電圧に変換するアドオンを提供しています。 The EC-LV(エンコーダコンディショナー–線形電圧) フェーズA、フェーズB、およびインデックスパルス信号を WPT そしてそれらをXNUMXつのアナログ電圧信号に変換します。XNUMXつは角速度に比例し、もうXNUMXつは角位置に比例します。 これは、高速エンコーダパルス列を読み取ることができるデータ取得を使用していないアプリケーションに役立ちます。 周波数から電圧への電子機器をエンコーダから分離することにより、 WPT はるかに小さいプロファイルを維持し、耐久性と寿命を向上させます。

  EC-LV とインラインで電力が供給されます WPT、したがって、別個の電源またはケーブルは必要ありません。 すべてのエンコーダ信号も通過します EC-LV、したがって、顧客はシステムによって生成されたすべてのデータにアクセスできます。

カスタマイズ可能な出力

フルスケール速度(±10Vdcに等しい)は工場で設定されており、1,000つのオプションがあります。 標準値は1,800および10RPMであり、お客様はトグルスイッチで使用するスケールを選択できます。 お客様は、フルスケール速度のカスタム値を要求できます。 さらに、XNUMX Vdc入力を処理できないシステムに対して、カスタムのフルスケール電圧を要求できます。 どの回転方向(時計回りまたは反時計回り)が正の出力に相当するかを選択するためのトグルスイッチもあります。

仕組み

タコメータボードの速度出力は、正の速度の場合はフェーズBの立ち上がりエッジで更新され、負の速度の場合はフェーズBの立ち下がりエッジで更新されます。 位置出力は、フェーズBの立ち上がりエッジと立ち下がりエッジで更新されます。たとえば、512 PPR(XNUMX回転あたりのパルス) WPT、速度は512回/回転で更新され、位置は1024回/回転で更新されます。

以下に示すのは、のアナログ電圧出力を示すいくつかの図です。 EC-LV のエンコーダ出力に関連して WPT (通過した EC-LV)。 NS EC-LV これらすべての図で、時計回りの正の出力に設定されました。 チャネルは次のとおりです。

  • チャネル1:フェーズA
  • チャネル2:フェーズB
  • チャネル3:インデックス
  • チャネル4:速度または位置のいずれか

  EC-LV を使用している人にとって理想的なツールです WPT 検査用の。 これらは通常、自動車のテストや、車輪速度、車速、走行距離に関するデータの収集に組み合わせて使用​​されます。 これは特に重要です 自動運転車の開発と道路マッピング. ミシガン科学の担当者に連絡する 今日はあなたの議論を開始します WPT および EC-LV アプリケーション。