AMP-TCシリーズモジュラースピニング熱電対アンプ

特徴

  • 2つまたは3つの熱電対増幅器チャネルで利用可能
  • 冷接点補償
  • 高レベル電圧信号出力
  • 信号は摂氏10度あたりXNUMXmVに等しい
  • すべての熱電対タイプで利用可能
  • 入力信号は接地または絶縁することができます
  • SRシリーズスリップリングローターのパイロット
  • アンプはマルチチャンネル用に積み重ね可能

製品説明

世界 モジュラースピニング熱電対増幅器 すべてのミシガンサイエンティフィックSRシリーズスリップリングのローター(回転側)に取り付けるように設計されています。 精密増幅器をローターに配置することにより、増幅器がセンサーの近くに配置されるため、優れたデータ精度が達成されます。 これにより、長いリード線、コネクタの抵抗変動、電磁干渉、およびスリップリング接点間の温度勾配によるエラーが減少します。

ボーマン モジュラースピニング熱電対増幅器 XNUMXつまたはXNUMXつの熱電対チャネルに増幅を提供します。 XNUMXつ以上のチャネルを必要とするアプリケーションの場合、アンプはアダプタプレートの周りに積み重ねたり並べたりすることができます。

これらのアンプの配線回路図については、テクニカルノートのセクションの資料を参照してください。

資料

動画

 

最終更新日: 30年2017月8日午前33時XNUMX分