CT2、WFTユーザーインターフェースエレクトロニクス

特徴

  • アナログ、CAN、およびイーサネット出力
  • 自動化されたゼロおよびシャント機能
  • 頑丈な構造
  • 広範囲の10〜36Vdc電源
  • ユーザーがアップグレード可能なフィールド
  • データをホイールから車両の座標に変換します
  • システム間の通信でスタッカブル
  • Webブラウザを介したイーサネット通信
  • データ取得ソフトウェアと連携して、データをコンピューターに直接記録します

製品説明

世界 WFTユーザーインターフェースエレクトロニクス(CT2) 高レベルのCAN、イーサネット、およびアナログ出力を提供します。 ザ CT2 からのアナログまたはデジタル信号を受け入れます ホイールフォーストランスデューサー(WFT)。 加えて、 CT2 組み込みも受け入れることができます WFT 加速度計の信号。 すべての信号は一緒にデジタル出力を介してデータ取得システムまたはコンピュータに送信することができます。

の設定 WFT システムは埋め込まれたウェブページを介して行われ、追加のソフトウェアは必要ありません。 ファームウェアのアップグレードは、同じWebページを使用して現場のお客様が行います。 車輪から車両の座標へのデータの座標変換は、道路で使用されると自動的に実行されます。 シミュレーターで使用する場合、ホイールは回転せず、データは WFT 座標変換なし。

工場の校正およびセットアップデータは、 WFT 起動時。 NS CT2 を更新します WFT ゼロごとに、シャントシーケンスチェックとセットアップ変更を行います。 キャリブレーションファイルはに保存されます WFT、したがって、電源が遮断された場合でも、ユーザーがダウンロードする必要はありません。 全て CT2 システムは、互換性のあるミシガンサイエンティフィックと交換できます WFT.

複数の場合 WFT XNUMX台の車両で使用され、 CT2 ユニットは積み重ねられ、通信は電子機器間で共有されます。 所要電力は10個あたり約XNUMXワットです。 WFT システム。

資料

最終更新日: 26年2020月8日午前45時XNUMX分