AMP-SG3-U2シリーズモジュラースピニングひずみゲージアンプ

特徴

  • XNUMXチャンネルモジュラーアンプ
  • 高精度のブリッジ励起
  • 高レベルの電圧信号出力を提供します
  • 外部調整可能なシャント抵抗
  • 外部調整可能なゲイン
  • 高精度低ノイズ差動アンプ
  • リモートブリッジ励起オン/オフ機能
  • リモートシャントキャリブレーション機能

製品説明

世界 モジュラースピニングひずみゲージアンプ すべてのミシガンサイエンティフィックSRシリーズスリップリングのローター(回転側)に取り付けるように設計されています。 スリップリングの回転側に信号増幅器を配置することにより、優れたデータ精度が実現されます。 この構成では、アンプがセンサーの近くに配置されているため、信号品質が大幅に向上します。これにより、長いリード線、コネクタの抵抗変動、および電磁干渉によるエラーが減少します。

ボーマン モジュラースピニングひずみゲージアンプ システムスパン検証用に、高精度の低ドリフトブリッジ励起電源、安定した差動アンプ、およびリモートでアクティブ化されるシャントキャリブレーション抵抗を組み込みます。

各アンプモジュールは、XNUMXつのチャネルにひずみゲージブリッジの励起と増幅を提供します。 XNUMXチャンネル以上の場合、アンプはアダプタープレートの周りに積み重ねたり並べたりすることができます。 個々のアンプの配線概略と複数のアンプを使用する場合の推奨配線技術については、テクニカルノートのセクションの資料を参照してください。

資料

最終更新日: 30年2017月8日午前09時XNUMX分