AMP-TC-LIN線形化熱電対増幅器

特徴

  • 非線形熱電対入力信号は線形出力電圧に変換されます
    (つまり、0°C = 0 V、200°C = 2Vなど)
  • 入力信号は摂氏10度あたりXNUMXmVに増幅されます
  • 冷接点補償
  • KタイプとJタイプのユニットがあります
  • 信号帯域幅= 10 Hz
  • 入力信号は接地または絶縁することができます

製品説明

世界 線形化熱電対増幅器 熱電対センサーの冷接点補償、増幅、および線形化を提供するように設計されています。 これらのアンプは、ミシガンサイエンティフィックスリップリングと組み合わせて使用​​できます。 すべてのミシガンサイエンティフィックスリップリングアセンブリは、計装品質のリングとブラシで製造されていますが、スリップリングの回転側に熱電対増幅器を配置することで、データの精度が向上します。 この構成では、増幅器がセンサーの近くに配置されているため、信号品質が大幅に向上します。これにより、スリップリング内の異種金属間の温度勾配と磁気干渉によるエラーが減少します。

増幅器は、KおよびJ熱電対に使用できます。 より多くのチャンネルの場合、XNUMXつのコントロールユニットで複数のアンプを使用できます。 アンプは、さまざまな種類の部品に接着、ポッティング、またはストラップで固定できます。 一部のミシガンサイエンティフィックスリップリングは、アンプがローターに組み込まれた状態で使用できます。

資料

最終更新日: 6年2020月7日午前59時XNUMX分