モデルB6-3.2W / E60耐候性管状スリップリングアセンブリ

特徴

  • 4つまたは6つの回路スリップリング
  • コンパクト設計
  • 直径3.2インチまでの回転シャフトに取り付けます
  • 永久潤滑ベアリング
  • 頑丈なステンレス鋼構造
  • 全天候
  • 計装品質のリングとブラシ
  • 60回転あたりXNUMXパルスのエンコーダ

製品説明

ミシガンサイエンティフィック Bシリーズスリップリングアセンブリ スリップリングを回転シャフトに直接取り付ける必要があるアプリケーションに最適です。 通常、自動車のドライブシャフト測定アプリケーションに使用されるこれらのスリップリングは、直径3.2インチまでのシャフトに適合し、回転機器に取り付けられているひずみゲージ、熱電対、またはその他のセンサーに電気的に接続するように設計されています。 スリップリングのブラシとリングは貴金属でできており、ノイズを最小限に抑え、アセンブリを低レベルの計装信号に使用できるようにします。

この Bシリーズ モデルは、4または6回路のスリップリングアセンブリで利用できます。 これは、トルクと軸方向の両方の測定が必要なドライブシャフトアプリケーションに特に役立ちます。 さらに、スピニングアンプで使用するのに十分な回路接続を提供します。 スリップリングの回転側に精密増幅器を配置すると、増幅器がセンサーの近くに配置されるため、信号品質が大幅に向上します。 これにより、長いリード線、コネクタの抵抗変動、電磁干渉、およびスリップリング接点間の温度勾配によるエラーが減少します。

接続は、スリップリングローターにある色分けされたはんだ端子とスリップリングステーターのコネクターを介して行われます。 バックアップ接続を提供するために、冗長端子が含まれています。 これらのスリップリングのコンパクトな幅の設計は、限られたスペースが利用可能なアプリケーションに理想的です。

管状スリップリングアセンブリに含まれるエンコーダは、60パルス/回転の5ボルト方形波を生成します。 TTL互換信号は、ホール効果センサーによって生成されます。これにより、速度を0rpmまで決定できます。 エンコーダを駆動するために必要な電圧は、5.5〜45DCボルトの範囲です。

資料

最終更新日: 8月29、2017 @ 1:46午後